最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ

2006年11月28日 (火)

日産記念保管庫見学記

先週金曜日11月24日地元工業会主催の会員企業相互訪問事業のいっかんとして、最大企業日産自動車株式会社座間事業所を訪問して見学会に参加してきました。

自動車博物館はトヨタ自動車、マツダ自動車など企業や団体が運営するものは数々ありますが、日産は発祥の地 横浜子安にエンジン博物館があるだけで車体を保存して閲覧できるなどということは今回の催し物が行われる直前まで知りませんでした。関係者の説明ではあくまでも保管を前提としてきたので公開するのは初めてのことだそうです。

当日場内をマイクロバスで移動して倉庫の前で金属シャッターが重々しく開くまではその存在を疑うほどでした。倉庫は記念保管庫と銘は打ってありますが外観は資材倉庫といった雰囲気でお宝を500台以上も隠しているとは思えませんでした。

いざ中に入りますとレーシングタイプ、ラリー仕様の派手なカラーの車が目に飛び込んできました。国内のレースはもちろんWRCやルマンなどのレースに参戦した勇姿、サファリに象徴されるラリーカー等。フェアレディーやフェ アレディーZにシルビアなどのスポーツカー群。ブルーバード(サファリブラウン色)等のセダン群、スカイラインは新車イベントのために搬出した多くの勇姿は残念ながらでしたが、スカイラインGTR等最近の車まで保管されていました。圧巻はダットサンブランド、オースティンブランドの箱型車。プリンス時代のグロリアとその対抗車種セドリック等。また世界各地のショーで展示された未来コンセプトカー、横浜スタジアムで活躍したリリーフカー等。

ご紹介してない埋もれた名車がぞろぞろと保存のために防塵カバーをかけてあり詳細は確認できませんが多分映画やテレビドラマなどで活躍のタレントカーなどもあるはずです。

興奮の1時間30分はまるで数分だったように思えて出来ればもう少し長くたたずんでいたいと最後まで後ろ髪惹かれる思いで見学会が終了しました。感想アンケートには是非とも定期的に開催して欲しいこと、なるべく早い時期に博物館として常設展示されることへの嘆願をシタタメテおきました。きっと実現してくれるでしょう。

    保管車の一部は興奮のあまり手振れして撮影したデジカメ映像でご覧下さい。

Datsun001_001

Datsun001_004

Datsun001_002_1200611241414000Datsun001_003Datsun001Datsun001_005

« 2006年10月 | トップページ