最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« HPを開設 | トップページ | 黒色セラミック印刷 »

2006年9月15日 (金)

カラーシェードバンド(染めボカシ)

先回にご紹介しましたHPをご覧いただけた方に感謝いたします。

 さて今回はフロントグラスの上の辺に緑色のカラーが発色していまして、防眩効果に役立っていると思いますが、このことに触れます。

 当初太陽光線の眩しさを防ぐためにサンバイザーとしてガラスの内側にカラーリングしたプラスチック板を運転手視線の位置に貼り付けたり、バスの運転席で現在も使用されているアームに取り付けられたプラスチックの下敷きのような物で太陽光が眩しくて運転視野の妨げになるのを防いでおります。 これをガラスに特に合せ硝子に着色する方法がアメリカのフィルムメーカーで開発されました。紫色とブルーの中間の色(パープルブルー)がアメリカ車の殆んどに採用されて、かなりの広い上辺部分を彩色しておりました。これが日本にも採用されて幅広い物は(現在は車体検査で違法ですが)上下を着色して中央部分の十数センチだげがかろうじて透明な物まで現れました。 その後ヨーロッパ車の一部(メルセデス)にグリーン(通称ベンツグリーン)が採用されるようになりその高級感と眼球には緑が優しいという説によって、殆んどのカラーシェードバンドがこの色に彩色されました。これは化学品メーカーに国内でこの中間膜を生産してもらうことになった時とほぼ同時期で日本製自動車のデファクトスタンダードになりました。

 現在は運転視野の妨げにならないように保安基準(国交省)で定めらている可視光線透過率70パーセント以下の濃度に彩色した部分がガラス全体高さの20パーセント以下にすることで陸運事務所で検査を受け合格します。 もちろんこれには運転席と助手席の側面窓も同様で着色には制限が加えられております。 この基準には色を特定してはおりませんので、最初はブラウンやグレーやアンバーなどご希望の方もおられましたが、常時継続的に凝視するには不適格ということでこのような色のフィルムが現在生産されておりません。   また現在の染め幅にご不満の方もおありになると想像いたしますが、ガラス面に貼り付ける車体検査済みの表示ステッカーなど定められた物や、あるいは高い位置に設置された交通信号灯の色識別のため現在の幅以上には拡げられません。 また前述のステッカー以外は保安基準で定められた範囲以上に貼り付けることも基準違反になり車体検査をパスできませんのでご注意下さい。

 ここのところ飲酒運転による悲しい交通事故が連続しておりますが、保安基準など法規によって定められたことは事故防止を目的としてこれを回避できる最低限の規格です。大事故に直結する自動車のことです保安基準を守りましょう。そして安全運転を心がけてください。

« HPを開設 | トップページ | 黒色セラミック印刷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80209/3451235

この記事へのトラックバック一覧です: カラーシェードバンド(染めボカシ):

» 年間交通事故死、大幅減へ=15日に6000人超す-70年以降、最も遅く [総合情報ニュース徒然草]
飲酒運転での死亡事故が大きく取りざたされた今年だったが、交通事故での死亡者数は70年以降最も低くなる見通しだとのこと。  これは以外なことだったが、飲酒問題により例年になく強まった交通取り締まりが奏功したのかもしれない。  交通事故は被害者にも加害者にも両者家族にも深い深い悲しみを残す。交通取締りの強化。車両の交通事故防止技術の向上などで、来年からも一層、交通事故、死亡事故が減ってほしいものだ。 ... [続きを読む]

« HPを開設 | トップページ | 黒色セラミック印刷 »