最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« センターピラーその後 | トップページ | 透視ひずみ »

2006年8月19日 (土)

センターピラーその後②

さて材料の板ガラスはそのP板(磨)をさらに選別して表面の傷や泡のないガラスを使用しておりました。現在でも板ガラスの用途の中で多くを占めている自動車ガラスは当時ではもっと今以上に花形的な存在で、今でこそFPD(フラットパネルディスプレイ)が華やかさを増してきてはいますが。  FPD=平面表示装置:液晶表示テレビ、PDPテレビなど

以前ガラスをタネから成形するものと、板材から成形するものとの違いに触れたことがありますが、板から成形するのはウィンドシールドのように透視ひずみや二重像などの障害を起こしたくないガラスを通して前方を視認する必要のある製品作りには欠かせない要素なのです。

続きは次回にします。

« センターピラーその後 | トップページ | 透視ひずみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80209/3106397

この記事へのトラックバック一覧です: センターピラーその後②:

« センターピラーその後 | トップページ | 透視ひずみ »